ターナー展

甲子園球場をさっさと後にして、三の宮に戻ってきました。

「日々これバタバタ」さんを読んで、神戸市立博物館で開催され

ている事を知った「ターナー展」にいきます。

この寒さですし、人は居ないだろうと思っていました。

が、しかし、建物の外にまで並んでいます。

チケット売り場までに列が出来ています。

ターナーって人気があるんだ?初めて知りました。

当然、館内も凄い人です。列に並んでいては

何時間かかるか判らない位に混み合っています。

音声ガイドを聞いている人は、絵の前で立ち止まって

聞きますからね。そうで無い私は列の後ろから

覗いて見て、さっさと進みます。お父さんは

「ターシャ テューダー」と思っていたみたいです。

大きな人違いです。ゆっくりは見ていられません。

何故かこの博物館で開催される美術展に縁があるような

気がしてきます。前回、神戸に来た時も何気無く立ち寄って

美術展を見ました。縁があるんですかね。

広告

ターナー展」への2件のフィードバック

  1. いつぞやも、私のブログで見た、とカフェに行っていただいたことがありましたね。恐縮です。
    遠方へのおでかけにまで、参考にしていただいて、お気に召したのか、心配ですが、いかがでしたか?
    ターナーは、古いタイプの絵ですが、情緒があって、煙っているような画風が好きです。

    • 旅行を計画する時に参考にさせてもらっています。絵を見るのは好きなんですが、人が多いのは苦手で絵を見るどころでは無く、さっさと退散しました。風景画は好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中