石見銀山 その4 ( 提言1)

石見銀山、こんな筈じゃなかった。

世界遺産になってから、初めて訪れました。

世界遺産になったのだから、もっと誰でもが訪れることが出来る

施設になっていると思っていました。と、言うのも30年以上前に

来た事があるのです。誰も知らない所でしたが、小学校の同僚と

夏休みにドライブして来ました。当然、誰もいなくて、間歩の

近くまで、車で来た事を覚えていました。

多分「龍源寺間歩」に着いたと思いますが、こんな感じでした。

入り口だけを見て帰りました。

世界遺産になったので、車の入場を規制しているのは納得します。

それでも、2kmも5kmも歩くのは酷です。

足の悪い人や小さな子供には無理です。

バイクタクシーの様なのが1台居ましたが、当然予約車です。

ここで、提言です。

馬車を運行して下さい。

昔、帝釈峡にも観光馬車が居ました。ノイシュバンシュタイン城にも

馬車が居ました。私も上りは馬車に乗って行きました。

車道があるのですから、馬車は通せます。

そうすれば、足の悪い人やお年寄りも観光できます。

何とかして下さい!このままでは2度と行きませんからね。

小川のある道もいいのですが、大変です。

後ひとつ。

大森の町並みや、龍源寺間歩までの間に休憩・食事が出来る所を

増やして下さい。龍源寺間歩までの間のレストランは臨時休業で

休めませんでした。世界遺産センターで食事を済ませて行ったので

良かった、けれど、ここも売店の隅で、椅子も10脚位でした。

ここで、おむすびを買って、ざるそばを頂きました。

👆売店で100円

👆確か500円です。

後は大森の町並みに何件か食事できる所が有った様に思います。

これでは、徒歩3時間掛る観光地にしては淋し過ぎます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中