アーカイブ | 9月 2013

石見銀山 その4 ( 提言1)

石見銀山、こんな筈じゃなかった。

世界遺産になってから、初めて訪れました。

世界遺産になったのだから、もっと誰でもが訪れることが出来る

施設になっていると思っていました。と、言うのも30年以上前に

来た事があるのです。誰も知らない所でしたが、小学校の同僚と

夏休みにドライブして来ました。当然、誰もいなくて、間歩の

近くまで、車で来た事を覚えていました。

多分「龍源寺間歩」に着いたと思いますが、こんな感じでした。

入り口だけを見て帰りました。

世界遺産になったので、車の入場を規制しているのは納得します。

それでも、2kmも5kmも歩くのは酷です。

足の悪い人や小さな子供には無理です。

バイクタクシーの様なのが1台居ましたが、当然予約車です。

ここで、提言です。

馬車を運行して下さい。

昔、帝釈峡にも観光馬車が居ました。ノイシュバンシュタイン城にも

馬車が居ました。私も上りは馬車に乗って行きました。

車道があるのですから、馬車は通せます。

そうすれば、足の悪い人やお年寄りも観光できます。

何とかして下さい!このままでは2度と行きませんからね。

小川のある道もいいのですが、大変です。

後ひとつ。

大森の町並みや、龍源寺間歩までの間に休憩・食事が出来る所を

増やして下さい。龍源寺間歩までの間のレストランは臨時休業で

休めませんでした。世界遺産センターで食事を済ませて行ったので

良かった、けれど、ここも売店の隅で、椅子も10脚位でした。

ここで、おむすびを買って、ざるそばを頂きました。

👆売店で100円

👆確か500円です。

後は大森の町並みに何件か食事できる所が有った様に思います。

これでは、徒歩3時間掛る観光地にしては淋し過ぎます。

広告

石見銀山 その3

地図B地点の大森バス停からC地点の龍源寺間歩まで歩いて、

また遊歩道を下って、B地点まで戻って今度はA地点まで

0.8km歩きます。大森代官所跡まで、町並みを歩きます。

こちらは歩く人も少なく静かです

世界遺産センターのガイドさんのお勧めは、A地点の大森代官所跡まで

歩いて、こちらからバスに乗るでした。

が、しかし、5km近くも歩かなきゃいけないので、大変です。

観光するには3時間は掛かります。それでも、言われた通りに

歩きます。

大森代官所跡バス停からは数人しかバスに乗りませんでしたが、

大森バス停では、長蛇の列で乗り切れない人も出る位でした。

世界遺産センターまでは230円です。

こんな筈じゃなかった、と思う位、歩かされました。

石見銀山 その2

清水谷精練所跡を見ても、まだまだ遊歩道を歩きます。

ヘトヘトになった頃、やっと「龍源寺間歩」に到着です。

ここから坑道に入ります。中は所々に照明がありますが、

目が慣れるまでは、真っ暗に見えます。

こうやって、鉱脈に沿って、掘って行ったんですね。

気温が15℃位で、ひんやりしています。

随分前に、佐渡金山を見に行った時には、確か、人形が動いていて

昔の作業に様子が解る様になっていたと思います。

石見銀山には何にもありませんでした。

さっさと、通過してしまいました。残念!

車道の方は暑そうなので、帰りも遊歩道を歩きます。

同じ道を、下って行きます。下りは、ちょっとは楽ですね。

自転車の人は車道の方をビューンと走って行きます。

ひたすら、羨ましいです。

あちこちに、間歩があります。色んな所から掘ったんですね。

石見銀山 その1

目的地の石見銀山に到着したのは、11時頃です。

ナビの言う通りに来たので迷う事はありませんでした。

写真の指の辺りに「石見銀山世界遺産センター」があります。

ナビはここに連れて行ってくれました。

ここには、大駐車場と世界遺産センターがあります。

石見銀山の坑道跡はここではありませんでした。

世界遺産センター前からローカルバスで移動します。

料金190円で5分位で、大森バス停に到着です。地図B地点。

ここから遊歩道を2kmで坑道入り口「龍源寺間歩」に到着です。

遊歩道の途中に「清水谷精練所跡」があります。

この精練所は1年余りしか使われなかったそうです。

世界遺産センターで石見銀山の歴史が解るビデオで勉強したので

精練所跡と解りますが、これだけ見たのでは、想像できませんね。

後はひたすら遊歩道を歩きます。

木陰は気持ちがいいのですが、日向では汗だくです。

大森バス停からずっと登りです。

バス停付近では貸し自転車もあります。電動アシスト付きも

あります。登り坂を2kmも自転車で行ける自信が無いので

ひたすら、歩きます。

道の駅 「ロード 銀山 」

道の 駅 「ロード銀山」は大田市にあります。

国道9号線沿で石見銀山の入り口にあたります。

入り口付近には産直市場「ぎんざん市場」があります。

何よりも、電気自動車の充電機があります。

何処を見ても、料金表がありません。

これって、無料なの?

パットしない道の駅ですが、充電機には感心しました。

道の駅 「キララ多伎」

道の駅「キララ多伎(たき)」は出雲市多伎町にあります。

国道9号線沿です。海の側にあって、海水浴場もあります。

近くにはコテージもあって、宿泊やバーベキューも出来ます。

休憩室の窓からは、日本海が臨めます。

朝・夕 イルカが見える事もあるようです。

多伎いちじく温泉も近く、いちじくソフトクリームや

いちじくクレープも名物のようです。

この道の駅は大きくて、ここだけを目的で来てもいいと思いました。

道の駅 「湯の川」

今日の目的地は石見銀山です。

浜田から石見銀山はあまり遠くないので、道の駅に寄り道です。

最初は道の駅「湯の川 」 です。

ここには無料の足湯がありました。

手を浸けてみると、結構熱めのお湯でした。

ズボンが膝まで上がらない私は、足湯は断念しました。

売店の奥には、花の展示販売所があります。