アーカイブ | 8月 2013

セーチェニ温泉 3

ブダペストに行ったら、セーチェニ温泉は外せません。

まず、水着を持って行きましょう。

☝温泉とは思えない外観

水着を付けて入る温泉です。

売店でも購入出来ますが、持参が賢明です。

ビーチサンダルも必須です。

日本人の感覚では、本当に温水プールと同じです。

売店もあり、飲み物なんかも購入できます。

小銭やカメラはビニール袋に入れて持って行きましょう。

みんな、あちこちに荷物を置いています。

8月に行っても、寒いのですから、ガウン又は大きなバスタオルも

あった方が嬉しいと思います。温泉から出ると凄く寒く感じます。

旅行中の人はホテルのバスタオルを借りて持って行くと良いと

思います。

色々な国の色々な肌の色の人が一緒に楽しみます。

本当に裸の付き合い、言葉なんて要りません。

思っている事はみんな同じ。温泉を楽しんでいます。

広告

誕生日

今日は私の誕生日

去年貰ったらんちゅうは元気に大きくなっています。

2倍位にはなったかなあ?

近所のおじさんがかわいそうと言う位、直射日光が当たっていても

元気に育っています。

☝夕焼けのミュンヘン

家族で食事に行って来ました。

何にも無いけど、みんな元気でそれだけでいいんです。

☝ミュンヘン中央駅で4.5ユーロで購入

☝鶏の丸焼きこれって4ユーロ?

新アイテム

新しい武器が加わりました。

一つはカメラ用のリモコン。

後一つは新メガネ。

リモコン無しでオーロラを撮ろうと思うと、

振れてしまいました。

これで、少しは良くなると思うんですが・・・・

リモコンは互換性のあるもので充分と娘に言われ、

お安いのにしました。

ちゃんとシャッターが切れるので、大丈夫でしょう。

後一つ、新メガネは遠く専用です。

近年、近視の私は遠近両用のメガネをかけていました。

しかし、「二兎追う者は、一兎をも得ず」です!

車を運転しようと思うと遠くが見えず、パソコンを打とうと

思えば、焦点が合わず。なんてな事がいろんなあって、諦めました。

遠くがよく見える様に、遠く専用のメガネを新調しました。

とっても良くみえます。パソコン用は中位見える遠近両用。

それより近くは、裸眼で充分です。

遠くがよく見える近視用メガネは歪みも無く、とっても楽です。

これで、オーロラも良く見えるハズ!

反省文 2

今回の旅行は計画もちゃんと出来ました。

飛行機も列車も予定通りに出発してくれました。

怪我もせず、病気もしないで帰って来ました。

合格点は取れたと思います。

それでも、今回の旅行で勉強した事があります。

初めての街に行く時は、中央駅から入る!。メインの空港から入る!。

☝上陸地点の事務所

ブダペストでは、ドナウ川から上陸しました。

初めてのブダペストで、この上陸地点は当然川の側。

ガイドブックの地図の上でもこの辺り?としか判りません。

しかも、凄く小さな事務所だけしかありませんでした。

銀行も無く両替所も無くて困りました。

ウイーンではユーロですが、ブダペストではフォリントです。

フォリントが無ければ、地下鉄にも乗れません。

重いスーツケースを転がして、両替所を探すのは大変です。

☝荷物だって、人海戦術で運んでた位です。

地下鉄やトラムの乗り場も探すのが大変です。

ドナウ川のクルーズは楽しかったけれど、入国するのは

中央駅かメインの空港からにしましょう。

ゲストハウスの方には長時間待って貰う事になってしまいました。

ごめんなさい。

ルーム オペラ

ブダペストではゲストハウス「ルーム オペラ」でお世話に

なりました。日本人の奥さんとご主人のタマーシュさんが

出迎えて下さいました。インターネットで日本語で予約できます。

ブダペストの中心にある、オペラ座のすぐ裏にあります。

☝オペラ座

地下鉄1号線オペラ駅で下車すると、ほんの1分で到着です。

初めてのブダペストでゲストハウスを探すのは大変ですが、

目印のオペラ座があったので、通行人に聞く時も

「オペラハウス?」と尋ねれば、指差してくれました。

由緒ある石造りの建物の1階に位置しています。

静かな環境で、ゆっくり休む事が出来ました。

通りの奥にはセント・イシュトバーン大聖堂が見えます。

ゲストハウスでは到着翌朝の朝食も用意して頂きました。

疲れている時の果物は本当に嬉しかったです。

美味しい朝食は旅人を元気にしてくれます。

ミュンヘン出発

8月17日(土)

とうとう、ミュンヘンを出発です。

飛行機は14時15分出発です。空港に12時に到着でOK

朝食はミュンヘン中央駅で食べようと思います。

荷物も片付けたので、ついでにチェックアウトしてから

出かけます。

さすが中央駅、いつも賑わっています。

先づは、コーヒーです。別にそんなに好きな訳じゃないんです。

ただ、カフェイン中毒?みたいで、コーヒーを1日1杯は飲まないと

頭が痛くなるんです。

ここのコーヒーは3ユーロです。

空港のスターバックスはスモールが2ユーロでミディアムが3ユーロ

でした。

ミュンヘン中央駅からミュンヘン空港までルフトハンザが運行している

エアポートリムジンバスで行きます。10.5ユーロです。今度はジュースは

貰えませんでした。

ミュンヘン空港ではフリーWi-Fiが使えますが、30分だけです。

30分経ったら、プッツリ切れてしまいました。

中国国際航空で北京で乗り継いでかえります。

ルフトハンザ航空とのシェア便だけに、時間には正確に出発して、

定刻前に北京に到着してくれました。乗り継ぎに時間が余り無い

ので、送れる事が一番心配だったんです。安心して乗り継いで帰れます。

食事(6日目)

旅行の最終日です。

朝食は昨日中に買っておいたパンと持参のコーヒー。

このパンはなかなか美味しかった。

大き過ぎると思っていたけれど、二人で半分ずつ食べて

お腹一杯!

昼食はヴィクトアーリエンマルクトに戻って来て、横の

レストランのオープンテラスで頂きました。

オムレツは美味しかったけど、なんだかニョッキみたいなのは

ザワークラウトと一緒にソテーしてあって、酸っぱい。

夕食はレストラン「アウグスティーナ」に行きます。

歩いて10分位の所にあるのに、わざわざ地下鉄に乗って

降りた所から反対方向に歩いて、1時間半位かかって

やっと到着。あ〜あ疲れた!

ビールとラドラーを2杯づつ、ぐびぐび飲んじゃった。

今日は飲みたいという事で、お料理は少なめにウィンナーで、

どちらのウインナーも美味しく頂きました。

あ〜! 帰りたく無い!